分野遺言書

夫婦で遺産を寄付する内容の遺言を作成した事例

分野遺言書

  • 依頼者は、子がいない夫婦であり、相続人としては兄弟のみがいました。
    依頼者は、遺言書の作成を当職らに依頼されましたが、その内容としては、お互いが死亡した場合には、全ての遺産を寄付することを希望していました。
    そこで、当職らは、遺言の内容について、第1次的には自身の配偶者に遺産を相続させるが、第2次的には、配偶者がすでに死亡している場合、すべての相続財産を寄付する内容の遺言を作成しました。
    また、寄付する際には、当職らが遺言執行者となり、遺言の趣旨に沿って寄付をすることができるようにしました。