相続税における3年以内の贈与

相続又は遺贈により財産を取得した者が当該相続の開始前3年以内に被相続人から贈与により財産を取得したことがある場合には、当該贈与財産の価額が相続税の課税価格に加算されます(相続税法19条)。

この贈与の財産の価額は、相続開始時ではなく、贈与時における価額となります(相続税基本通達19-1)。

また、「当該相続の開始前3年以内」とは、当該相続の開始の日からさかのぼって3年目の応当日から当該相続の開始の日までの間をいいます(相続税基本通達19-2)。

相続開始前3年以内に被相続人からの贈与により財産を取得した者が当該被相続人から相続又は遺贈により財産を取得しなかつた場合は、贈与財産の価額が相続税の課税価格に加算されません。
ただし、相続時精算課税適用者については、被相続人から相続又は遺贈により財産を取得しなかった場合であっても、贈与財産の価額が相続税の課税価格に加算されます(相続税法基本通達19-3)。
生前に贈与を受けたが相続放棄をした相続人などがこれにあたります。


相続税についてのその他のQ&A