相続税における葬式費用の取り扱い

被相続人に係る葬式費用は、課税価格から控除されます(相続税法13条1項2号)。
ここで、控除されるのは、相続人か包括受遺者で、かつ、無制限納税義務者である必要があります。
制限納税義務者については、控除は認められていません。

「葬式費用」として控除されるのは、具体的には次の費用です(相続税基本通達13-4)。
① 埋葬、火葬、納骨又は遺がい若しくは遺骨の回送その他に要した費用
➁ 葬式に際し、施与した金品で、相当程度と認められるものに要した費用
③ ①又は➁に掲げるもののほか、葬式の前後に生じた出費で通常葬式に伴うものと認められるもの
④ 死体の捜索又は死体若しくは遺骨の運搬に要した費用

一方、次の費用は「葬式費用」とは認められません(相続税基本通達13-5)。
① 香典返戻費用
➁ 墓碑及び墓地の買入費並びに墓地の借入料
③ 法会に要する費用
④ 医学上又は裁判上の特別の処置に要した費用


相続税についてのその他のQ&A